年中 栽培活動

年長組が、トマトやとうもろこしを育てていた畑を秋から年中が引き継ぐことになりました。

まずは、畑の土をたがやすところからスタート!
「耕すの手伝ってくれる人いませんか」と子ども達に呼びかけると長シャベルを持って畑に集まってくれました。表面の土は、この夏の暑さでぱさぱさに乾燥してシャベルを差し込むと細かい砂の粒子が舞い 目が痛くなることも・・・。顔も埃で黒くなりました。
「硬いね。」と言いながらシャベルで土を耕します。一生懸命に掘り返すうちにいつの間にか山づくりになっていました。
土を反すと根っこがたくさん それらを集め「こんなにとれた」と喜んでいました。中には根の色、太さ、長さに関心を持ちじっくり観察する姿も。
そして、土の中から時々見つかる幼虫たち。
普段虫に関心を示さない子が「これなんだろう」
と小さく白く煌めく幼虫を手にのせて大切そうに眺めていました。

 

次に 土に腐葉土・牛糞・赤玉土を混ぜていきます。「なんで、牛のウンチ混ぜるの~」
 はりきって行ってくれました。長しゃべるに足を掛けて土に差し込むと「おっととと・・」、よろけてしまうことも。バランス、力加減色々な体の力が必要なようです。
最後に畝を立てて畑の準備は、完了です。

大根、白菜、ブロッコリーの種を蒔きます。
みんなで楽しく育てていきましょうね♪

前の記事

年少 最近の出来事新着!!

次の記事

年長 最近の出来事新着!!