私たちのこども園

法人理念​

関東学院大学の校訓「人になれ 奉仕せよ」。これは、関東学院の初代院長 坂田祐が第1期生の入学式で述べた言葉です。キリスト教の精神に基づき、生涯をかけて教養を培う人間形成に努め、人のため、社会のため、人類のために尽くすことを通して己の人格を磨く、というこの関東学院の教育方針は、130年余にわたって継承されてきました。

 

キリスト教に基づく保育理念

キリスト教保育は神によっていのちを与えられたものとして、神の愛と恵みのもとで生涯にわたる生きる基礎を培います。
「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」(ヨハネによる福音書 15章12節)このキリスト教精神を柱に、自分が神様から愛されているかけがえのない存在である事を知り、自分と周りにいる友だちのありのままを認め合い、大切にし合っていく生活づくりをしていきます。

のびのびのば園の想い

私たちの園では時間をかけて生涯に渡る「幸せの種まき」を日々の保育・教育を通して行っています。
関東学院のびのびのば園は、大学まである総合学園として130年余の歴史のあるキリスト教理念に基づいた教育機関の下に生まれました。野庭地域の発展と共に野庭幼稚園の時代を経て、地域の子供たちに向けて保育・教育がさらに開かれた園として、2012年に幼保連携型認定こども園「関東学院のびのびのば園」としての歩みを始めました。

当園では「人になれ、奉仕せよ」という初代学院長が遺された校訓を引き継ぎ、キリスト教保育を指針として保育・教育を行っています。自分を大切にして喜んで生き、働き、奉仕できる人財の輩出を目指しています。人は、みな幸せな人生を歩むために生まれてきました。幸せの定義は人それぞれですが、神さまから与えられたすべてのいのちそのものが最初の祝福、すなわち幸せの基であることから、子どもの全存在を認め、愛し、励まし、違いを認めて助け合う、それが関東学院のびのびのば園です。

園長の想い

わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい

(ヨハネによる福音書15章12節)

 のびのびのば園では、子ども一人ひとりが、自分が神様から愛されているかけがえのない存在であることを知り、自分とお友だちをその「ありのまま」で愛しゆるすこと、そしてお互いを認め合い、大切にし合っていく生活づくりを目指していきます。

 

 ゆるすことは、諦めることではありません。自分を信じ相手を信じる、そしてそれぞれの未来に希望を持つことによって、ゆるすことができると思います。

 

 自分や友だちを信じることは、自分の気持ちや考えを大切にし、同時に友だちとの関わりを深める中で、相手の気持ちや考えを思いやること、つまり、「お互いを認め合うこと」から、始まります。

 そしてのびのびのば園では、子ども一人ひとりの「自分でやってみよう」とする主体的な気持ちを大事にし、子ども達の自立していく可能性に寄り添います。

 また、友だちとの生活や遊びや対話を通して、子ども自身が、様々なできごとや身の回りの環境に興味を持ち、自分で考え判断し、工夫しながら人や物やできごとに向き合うようにします。

 同時にそのことを表現する楽しさを味わいながら、表現の幅を広げていきます。

 職員一人ひとりが、神さまに愛されゆるされているものとしての子どもの全存在を認め、愛し、励ますことで、子ども自身が、自分も相手も愛し、違いを認めて助け合う。 

 そのような園でありたいと思います。  

関東学院のびのびのば園
園長 仲程 剛

保育目標

友だちとの生活や遊びや対話を通して、様々な事象や環境に興味を持ち、考えながら工夫して表現する楽しさを広げます。

自分でやってみようとする主体的な気持ちを大切に、子ども達の自立していく可能性に寄り添います。

自分の気持ちや考えを大切にし、友だちとの関わりを深める中でお互いの違いを認め合い思いやる心を育てます。