関東学院のびのびのば園

のびのびのば園について のば園の生活
入園案内 ここが知りたいQ&A
未就園児に向けた子育て支援 園までのアクセス
お問い合わせ 学校法人 関東学院
のびのびのば園の保育理念

私があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい

建学の精神である「人になれ 奉仕せよ」の校訓のもと、次の聖句を定めます。「私があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」
(ヨハネによる福音書 15章12-13節)
関東学院のびのびのば園は、キリスト教の精神を柱に、自分が神様から愛されているかけがえのない存在である事を知り、自分と周りにいる友だちのありのままを認め合い、大切にし合っていく生活づくりをしていきます。
保育目標
やってみよう 保育目標の写真1
自分でやってみようとする主体的な気持ちを大切に、子ども達の自立していく可能性に寄り添います。
表現しよう 保育目標の写真2
友だちとの生活や遊びや対話を通して、様々な事象や環境に興味を持ち、考えながら工夫して表現する楽しさを広げます。
大切にしよう 保育目標の写真3
自分の気持ちや考えを大切にし、友だちとの関わりを深める中でお互いの違いを認め合い思いやる心を育てます。
保育方針
個性を大切にする「キリスト教教育」
「私の目には、あなたは高価で尊い」と聖書に示されているように、すべての子どもたちがかけがえのない唯一無二の存在。 ひとりひとりに寄り添って個性を受けとめ、子どもたちが安心して自分らしくのびのびと成長できるよう、見守っています。
食の大切さを学ぶ「食育」
給食室・キッズキッチン・ランチルームを完備し、管理栄養士や調理師など専門スタッフがつくる給食を、すべての園児に提供します。衛生面やアレルギー食への配慮はもちろん、食への興味を育てる献立づくりを行ない、さらに、堆肥づくりを通して自然や食の大切さを子どもたちに伝えています。
地域の子育て世代と共に歩む
「子どもと共に親も園も育つ」教育、すなわち「共育」を目指しています。親子で参加する遠足や親子いっしょに遊ぶプレイデーなど、保護者参加型の行事を行なうとともに、園舎の開放や子育て相談などの実施を通して、地域の子育て世代とともに歩んでいきます。
保育方針の写真1 保育方針の写真2
保育方針の写真3  
関東学院のびのびのば園 園長 井上 恵子 写真
関東学院のびのびのば園 園長 井上 恵子
 
「関東学院のびのびのば園」は40年近い幼稚園の歴史を踏まえて、幼保連携型認定こども園として、長年培った幼稚園教育や文化を生かしつつ、さらに開かれた地域の保育施設としての乳幼児の保育・教育の使命を担うべく、2012年度よりその歩みを始めています。キリスト教保育理念の下に、いのちを神さまが創造された唯一無二の存在として、すべての教職員が神の愛に学び、保育理念を大切にしています。
当園では「遊びが学び」であるというところを大切にして、乳幼児期の自分からやってみよう!やってみたい!を見守り、内側からの想像力が発揮され、楽しめる体験を重ねて、就学時には自分が大好きな子どもたちになれるような保育を目指しています。
幼い子どもたちが、それぞれに与えられた個性を恐れずに発揮できるような機会を多く持ち、その育ちを応援します。単なる幼稚園と保育園の合同施設ではなく、未来に向けた新しい「こども園」としての価値の創造を目指して教職員が力を合わせています。
地域の子どもたちが「のびのびのば園」で成長する機会を得て、将来の基礎的な人格が築かれることを願ってやみません。ご入園をお考えでしたら、是非一度ご見学にお越しください。
関東学院のびのびのば園 副園長 平 幸子 写真
関東学院のびのびのば園 副園長 平 幸子
関東学院のびのびのば園 副園長 平 幸子 写真2
聖書の中に「私たちは神の家族です」という言葉があります。のびのびのば園には0歳から6歳までの子ども達が共に生活しています。
一つの大きな家族として子ども達、保護者の方が安心して過ごせるこども園であればと願って保育をしています。子ども達は自分のクラスや学年に関わらず、自然にふれ合い、遊んでいる姿があります。
教職員が、一人ひとりの子ども達の個性を受け止めながら生き生きと保育している姿をどうぞ見学にいらしてみて下さい。子育て相談も随時行っていますので、是非お問い合わせください。お待ちしています。
関東学院のびのびのば園 主任 浦尻 友紀 写真
関東学院のびのびのば園 主任 浦尻 友紀
関東学院のびのびのば園 主任 浦尻 友紀 写真2
遊びを大切に考えているのびのびのば園です。毎日たくさん遊んで好きなことをみつけ、自分らしく生き生きと過ごしてほしいと思っています。
子ども達は遊びの中から色々な発見、学びがあり、そこから友達関係もつくっていきます。クラスや学年の枠を越えて交流ができることも、こども園ならではの魅力です。保護者の方々、地域の方々と共に子どもたちの成長を見守っていけたらと思っています。
関東学院のびのびのば園 地域担当 石井 雄輝 写真
関東学院のびのびのば園 地域担当 石井 雄輝
関東学院のびのびのば園 地域担当 石井 雄輝 写真2
2012年に幼稚園から認定子ども園となりました。子育てにおいて多様なニーズが生まれ、地域の子育てを支援する役割が認定子ども園には強く期待されています。
現在、のびのびのば園では、園庭解放、未就園児に向けた子育て支援、子育て講演会等を通して地域の子育て支援をさせていただいておりますが、乳幼児から高齢者まで、笑顔で幸せに暮らしていけるような取り組みを目指していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
職員紹介
のびのびのば園の園舎を紹介します
2F 保育室 2F 保育室の写真
3F 0・1才児保育室 3F 0・1才児保育室の写真
ランチルーム ランチルームの写真
図書室 図書室の写真
ホール ホールの写真
青空テラス 青空テラスの写真
園庭 園庭の写真01
園庭の写真02
シャローム(一時預かり保育)について
ロバの子クラブ 横浜市型預かり保育
ロバの子クラブとは?
横浜市より「預かり保育」の認定を受け、就労や介護、出産などにより通常の時間を超えて保育が必要な場合にお預かりしています。ロバの子クラブを利用できるのは、1号認定の在園児のみとなります。月単位の利用となります。
また夏休みなど長期の休みにも対応しております。ご相談ください。
お母さんが出産準備 産休が必要な時 自宅や近所の火災などで災害復旧にあたっている
障害者手帳、療育手帳の交付を受けている 1ヶ月以上の入院、または自宅療養している
病人や障害者の介護をしている 会社や自宅を問わず1日4時間以上、月12日以上働いている
現在休職中 別居親族を常時介護している
夜勤労働をしている 学校・職業訓練専門学校に通っている

●利用時間/月~金曜日
午前7:30~9:00および午後2:00~午後6:30
(水曜日は午前11:30~午後6:30)
土曜日 午前7:30~午後3:00
※通常の保育料等に加えて、月額0~9,000円(市民税額により異なります)の利用料金と
なります。

▲TOP
関東学院のびのびのば園
〒234-0056 横浜市港南区野庭町617番地2
TEL.045-845-0876