関東学院のびのびのば園

特色 園舎のご紹介 一時預かり保育 横浜市型預かり保育
のびのびのば園の保育理念

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい

建学の精神である「人になれ 奉仕せよ」の校訓のもと、次の聖句を定めます。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」(ヨハネによる福音書 15章12-13節)
関東学院のびのびのば園は、キリスト教の精神を柱に、自分が神様から愛されているかけがえのない存在である事を知り、自分と周りにいる友だちのありのままを認め合い、大切にし合っていく生活づくりをしていきます。

保育目標
やってみよう 自分でやってみようとする主体的な気持ちを大切に、子ども達の自立していく可能性に寄り添います。 保育目標の写真1
表現しよう 友だちとの生活や遊びや対話を通して、様々な事象や環境に興味を持ち、考えながら工夫して表現する楽しさを広げます。 保育目標の写真2
大切にしよう 自分の気持ちや考えを大切にし、友だちとの関わりを深める中でお互いの違いを認め合い思いやる心を育てます。 保育目標の写真3
保育方針
個性を大切にする「キリスト教教育」

「私の目には、あなたは高価で尊い」と聖書に示されているように、すべての子どもたちがかけがえのない唯一無二の存在。ひとりひとりに寄り添って個性を受けとめ、子どもたちが安心して自分らしくのびのびと成長できるよう、見守っています。

食の大切さを学ぶ「食育」

給食室・キッズキッチン・ランチルームを完備し、管理栄養士や調理師など専門スタッフがつくる給食を、すべての園児に提供します。衛生面やアレルギー食への配慮はもちろん、食への興味を育てる献立づくりを行ない、さらに、堆肥づくりを通して自然や食の大切さを子どもたちに伝えています。

地域の子育て世代と共に歩む

「子どもと共に親も園も育つ」教育、すなわち「共育」を目指しています。親子で参加する遠足や親子いっしょに遊ぶプレイデーなど、保護者参加型の行事を行なうとともに、園舎の開放や子育て相談などの実施を通して、地域の子育て世代とともに歩んでいきます。

保育方針の写真1 保育方針の写真2 保育方針の写真3

関東学院のびのびのば園 〒234-0056 横浜市港南区野庭町617番地2 TEL.045-845-0876